引越しってホントのホント
ホーム > 健康 > 上質の睡眠をとるコツ

上質の睡眠をとるコツ

・上質の睡眠をとるコツ

一般的に人は1日7~8時間ぐっすりと眠る事が必要とされています。

しかし、日本人の睡眠時間は年々減り続けており、平均6時間以下の睡眠時

間の人が約4割いるとの報告があります。

十分な睡眠が取れなくなるとホルモン分泌や新陳代謝に影響を与え、高脂血症や高血糖になる確率が高まります。

また、日中に受けた、血管への負担を修復する時間が十分に取れず、血管の損傷が進んで血液不純が進行します。

もちろん、顔の血液も不純になります。

寝ている間は心臓への負担が減り、心拍数が少なめになります。

血圧も適正域に下がりやすく、気管への負担も解消されるので、

毎日、適度な睡眠を取る事が喘息の予防にも繋がります。

川井式喘息改善法の内容を見る

・睡眠に関しての豆知識

睡眠中に分泌されるホルモンは子どもの骨の成長を促したり、タンパク質の

合成を促し、血液の水分や糖質などの代謝を調節するホルモンを大量に分

泌させます。

質の良い睡眠を十分にとっていないと、ホルモンの分泌が妨げられ、ホルモ

ンバランスが崩れて造血に影響し、貧血の症状を引き起こす原因となるので

す。

毎日7時間程度眠る事が、健康へつながります。